Page: 1/1   
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    悪夢ちゃん GACKT 10話
    0
      悪夢ちゃん GACKTは、 志岐貴役です。 認知神経学の准教授です。
      助手として万之介に仕えています。 研究成果を公表したがらない万之介の態度に業を煮やし、 焦っています。 彩未が“明晰夢”の中で出会う、 理想の造形美をもった夢王子にソックリです。 内容 12月15日放送分(第10話) 明恵小学校の児童が、 次々と行方不明になる事件はマスコミで大きく報道され、 児童と教師達の不安は高まります。 彩未(北川景子)は、 結衣子(木村真那月)を手に入れたいと暴走する志岐(GACKT)が、 人身売買の闇組織と組んで誘拐事件を起こしていると考えます。 児童養護施設“夢見る羊の家”へ向かった彩未はシスターマリカ(藤村志保)を訪ね、 闇の組織について教えてほしいと頼みますが、 何も答えてもらえません。 自分の力で結衣子を守り、 いなくなった子供達を見つけ出そうと奔走する彩未。 そんな中、 結衣子は彩未に「志岐さんには会わないで」と懇願します。 彩未はうなずくが、 なぜ結衣子がそんな事を言うのか分かりませんでした。 その後まもなく、 万之介(小日向文世)の研究所にいた結衣子がさらわれます。 結衣子を連れ去ったのは、 闇組織の手先でした。 彩未は、 志岐が闇組織と関わっている事を確信し、 手がかりをつかむために結衣子の夢札を見ます。 その夢に出てくるのは、 船の上でシンデレラのような格好をした彩未と夢王子。 二人はダンスをしていましたが、 その途中で彩未が履いていたガラスの靴のヒールが折れてしまいます。 その途端、彩未は貧しい姿に変わり、 夢王子は片方のガラスの靴を彩未から取り上げようとします。 彩未は靴を取り返す為に、 夢王子の頭の上に大きなカボチャを振り下ろします。 それは、彩未が結衣子を守ろうとして、 志岐を殺してしまうという未来を予知した悪夢でした。 彩未と志岐が会ったら夢が現実になってしまうと思った結衣子は、 彩未に志岐と会わせてはいけないと必死に止めようとしていたのでした。 彩未は、夢札の内容から志岐が結衣子を連れて船で海外に向かおうとしている事と、 二人が乗る船を突き止め、その船に乗り込みます。 結衣子を救う為、 命がけで志岐との戦いを決意した彩未。 結衣子の悪夢が予言した通り、 彩未は志岐と船の上で対峙する事になります。 彩未は、結衣子を守る事ができるのか!? そして、子供達を連れ去った人身売買の闇の組織は、 彩未の過去とも深い事が明らかになります。 (YAHOOテレビGUIDEより) 概要 恩田陸の小説「夢違」を原案に、 絶望的な運命を自らの力で希望ある未来に変えようと奮闘する人々の姿を描く、 SF学園サスペンスです。 北川景子演じる、 腹黒くて人を信じない小学校教師の主人公が、 予知夢で未来が見えてしまう少女との出会いをきっかけに、 悪夢の様な世間の危機を救っていきます。 北川は、「私にとっては新境地の役なので、とても楽しみです。 このドラマを通して“未来は自分の力で変えられる” というポジティブなメッセージを伝えたい」と意気込みます。 コミカルで摩訶不思議なストーリー展開と、 毎回登場する予知夢のVFX映像にも注目です。 (YAHOOテレビGUIDEより)
      | バスマサ | 07:00 | - | trackbacks(0) | - | - |
      悪夢ちゃん GACKT 9話
      0
        悪夢ちゃん GACKTは、 志岐貴役です。 認知神経学の准教授です。
        助手として万之介に仕えています。 研究成果を公表したがらない万之介の態度に業を煮やし、 焦っています。 彩未が“明晰夢”の中で出会う、 理想の造形美をもった夢王子にソックリです。 内容 12月8日放送分(第9話) ある日、七海と奈央は、 見知らぬ女性から雑誌の読者モデルにならないかと声をかけられ、 森に連れて行かれて写真撮影をしました。 他にも子供達はたくさんいて、 二人は特に危ない目にも遭わなかったのですが、 後でその雑誌を発行しているはずの出版社に連絡してみると、 二人に声をかけた女性は編集部におらず、 そんな取材は行われていないと言われます。 さらに、同じ取材に来ていた他の子供達は次々と行方不明になっていました。 その後、七海と奈央をはじめ、 取材された子供達の写真が掲載されているホームページが見つかります。 そのホームページには、 天使の羽が付いたブランコの絵が、 トレードマークとして使われていました。 七海と奈央は、 自分達も誘拐されてしまうのではないかと恐れていたのでした。 その話を聞いた結衣子は、 彩未に助けを求めます。 彩未にも、 そのブランコをどこかで見た記憶がありました。 彩未は、手がかりを得る為にかつて自分が暮らした児童養護施設を訪ね、 面倒を見てもらった女性・シスターマリカ(藤村志保)と再会します。 シスターマリカは、 結衣子の描いた絵を見て顔色を変えます。 彼女によると、 絵と同じブランコは、 確かに施設の近くにあったといいます。 そんな中、結衣子は奈央の悪夢を見ます。 その夢は、 浜に上がったアザラシに奈央が近付くと、 アザラシの中から現れた美女が奈央を捕獲して海に戻っていくという内容でした。 子供達を狙う謎の組織の正体とは!? ひそかに進行する児童誘拐は、 彩未の過去とつながって、 さらに大きな事件へと発展していきます! 一方、自分の野望の為動き出した志岐(GACKT)は、 驚くべき行動にでるのでした! (YAHOOテレビGUIDEより) 概要 恩田陸の小説「夢違」を原案に、 絶望的な運命を自らの力で希望ある未来に変えようと奮闘する人々の姿を描く、 SF学園サスペンスです。 北川景子演じる、 腹黒くて人を信じない小学校教師の主人公が、 予知夢で未来が見えてしまう少女との出会いをきっかけに、 悪夢の様な世間の危機を救っていきます。 北川は、「私にとっては新境地の役なので、とても楽しみです。 このドラマを通して“未来は自分の力で変えられる” というポジティブなメッセージを伝えたい」と意気込みます。 コミカルで摩訶不思議なストーリー展開と、 毎回登場する予知夢のVFX映像にも注目です。 (YAHOOテレビGUIDEより)
        | バスマサ | 07:00 | - | trackbacks(0) | - | - |
        悪夢ちゃん GACKT 7話
        0
          悪夢ちゃん GACKTは、 志岐貴役です。 認知神経学の准教授です。
          助手として万之介に仕えています。 研究成果を公表したがらない万之介の態度に業を煮やし、 焦っています。 彩未が“明晰夢”の中で出会う、 理想の造形美をもった夢王子にソックリです。 内容 11月24日放送分(第7話) 「私は人殺しだ…」 封印していた子供の頃の、 忌まわしい思い出に苦しめられる彩未(北川景子)。 一方、志岐(GACKT)は、 連続女児連れ去り事件を解決する手がかりとなった、 結衣子(木村真那月)の悪夢の映像を発表した事で、 注目を浴びるようになります。 夢分析のエキスパートとして名声を得た彼は、 自分の研究所を開きます。 世間では、 事件を解決した予知夢を見たのは一体誰なのかと話題となっていました。 彩未は、結衣子の夢札を勝手に引いて利用した志岐を問い詰めます。 それに対して志岐は、 結衣子を連れてきて自分の研究に協力してほしいと要求します。 「もし協力しなければ結衣子が予知夢を見る少女だと世間に公表する」と、 彩未を脅迫するのでした。 志岐の研究所に、 刑事の春山が、 ある強盗殺人事件の重要参考人(合田雅吏)を連れて訪れます。 犯行現場近くで頭を殴られて倒れていたという重要参考人は、 記憶を失っていました。 春山は、彼の夢札を引けば記憶を取り戻す手がかりが映り、 事件解決につながるのではないかと志岐に相談します。 彩未の様子に異変を感じ、 自分に原因があるのではないかと思い始める結衣子。 そんな中結衣子は、 山里(和田正人)によって志岐の研究所に連れ去られてしまいます。 結衣子を自分の協力者にしたい志岐は、 結衣子に 「予知夢を見る能力を必要とする人間の為に使った方がいい」 「これからは私が彩未先生の代わりに君の力になる」と説得します。 まもなく彩未と万之介(小日向文世)が、 結衣子を迎えにいきます。 しかし、結衣子は「ずっとここにいる」と、 志岐の研究所に残る事を決意します。 そんな中貝原(濱田マリ)が、 志岐の研究所を訪れます。 彼女は志岐に、 何度も同じ夢を繰り返し見ている事を打ち明けます。 その夢には貝原の知らない人物が出てくるのですが、 夢を見るたびにその人に会わなくてはいけない気がするのだといいます。 貝原の話を聞いていた結衣子は、 貝原の夢にまつわる悪夢を見るようになります。 その夢は、貝原が吸血鬼にかみつかれるという内容でした。 (YAHOOテレビGUIDEより) 概要 恩田陸の小説「夢違」を原案に、 絶望的な運命を自らの力で希望ある未来に変えようと奮闘する人々の姿を描く、 SF学園サスペンスです。 北川景子演じる、 腹黒くて人を信じない小学校教師の主人公が、 予知夢で未来が見えてしまう少女との出会いをきっかけに、 悪夢の様な世間の危機を救っていきます。 北川は、「私にとっては新境地の役なので、とても楽しみです。 このドラマを通して“未来は自分の力で変えられる” というポジティブなメッセージを伝えたい」と意気込みます。 コミカルで摩訶不思議なストーリー展開と、 毎回登場する予知夢のVFX映像にも注目です。 (YAHOOテレビGUIDEより)
          | バスマサ | 07:10 | - | trackbacks(0) | - | - |
          悪夢ちゃん GACKT 8話
          0
            悪夢ちゃん GACKTは、 志岐貴役です。 認知神経学の准教授です。
            助手として万之介に仕えています。 研究成果を公表したがらない万之介の態度に業を煮やし、 焦っています。 彩未が“明晰夢”の中で出会う、 理想の造形美をもった夢王子にソックリです。 内容 12月1日放送分(第8話) 「私には教壇に立つ資格がありません」と、 学校に辞表を出した彩未(北川景子)。 彼女は、甘澤校長(キムラ緑子)から 「辞めるなら教師として理由を生徒に納得させなければならない」と言われます。 強盗殺人事件を解決した予知夢の映像がネットで出回ってしまい、 その映像にはモザイクのかかった結衣子(木村真那月)の顔が映っていました。 5年2組では、 結衣子が予知夢の主ではないかと噂が広がります。 彩未は生徒達に、 世間を騒がせた妙な夢を見るのは結衣子ではなく、 自分だと告げます。 結衣子は志岐(GACKT)の研究所にとどまったまま、 登校しなくなっていました。 彩未は万之介(小日向文世)に結衣子の転校を勧め、 自分も教師を辞める事を知らせます。 そして「私は人を殺した」と、 幼い頃の忌まわしい記憶を告白するのでした。 それに対して万之介は、 彩未の過去について驚くべき事実を口にします。 一方、琴葉(優香)は、 5年2組の生徒・杏奈(春名風花)の顔にアザができているのを見て、 彼女が親から虐待を受けているのではないかと疑い、 家庭訪問をします。 杏奈の母・紀子は琴葉に、 杏奈の父・猛が夢遊病のように、 眠ると無意識のうちに体が動いて家族に暴力を振るうのだと打ち明けます。 猛は、眠るたびに見る悪夢に悩まされていました。 琴葉は、志岐の研究所に杏奈と紀子を連れていきます。 志岐は、猛の夢を映像化する事を勧めますが、 杏奈は拒否します。 杏奈に同調した結衣子は、 杏奈に関する悪夢を見ます。 その夢は、杏奈が見知らぬ女にそそのかされて、 父親を殺してしまうという内容でした。 杏奈を助けたいと思うものの、 彩未の力が借りられない結衣子は、 どうすることもできず…。 忌まわしい彩未の過去が、 ついに明らかになります! その過去に隠されていた、 彩未と結衣子を結びつける驚くべき接点とは!? (YAHOOテレビGUIDEより) 概要 恩田陸の小説「夢違」を原案に、 絶望的な運命を自らの力で希望ある未来に変えようと奮闘する人々の姿を描く、 SF学園サスペンスです。 北川景子演じる、 腹黒くて人を信じない小学校教師の主人公が、 予知夢で未来が見えてしまう少女との出会いをきっかけに、 悪夢の様な世間の危機を救っていきます。 北川は、「私にとっては新境地の役なので、とても楽しみです。 このドラマを通して“未来は自分の力で変えられる” というポジティブなメッセージを伝えたい」と意気込みます。 コミカルで摩訶不思議なストーリー展開と、 毎回登場する予知夢のVFX映像にも注目です。 (YAHOOテレビGUIDEより)
            | バスマサ | 22:00 | - | trackbacks(0) | - | - |
            悪夢ちゃん GACKT 6話
            0
              悪夢ちゃん GACKTは、 志岐貴役です。 認知神経学の准教授です。
              助手として万之介に仕えています。 研究成果を公表したがらない万之介の態度に業を煮やし、 焦っています。 彩未が“明晰夢”の中で出会う、 理想の造形美をもった夢王子にソックリです。 内容 11月17日放送分(第6話) 小学生の女の子が、 何者かに連れ去られて殺されるという事件が続発します。 明恵小学校でも、 生徒達に注意がうながされます。 そんな中、 彩未(北川景子)のクラスの生徒・莉音(豊田留妃)が、 朝礼の最中に貧血で倒れて保健室に運ばれます。 バレエを習っている莉音は、 体型維持の為に、 無理なダイエットをしている様でした。 心配する琴葉(優香)に莉音は、 「お母さんには絶対に倒れた事を知らせないでほしい」と懇願します。 莉音は、クラスメイトの未来(田爪愛里)と、 同じバレエ教室に通っていました。 甲乙つけがたいバレエの実力を持つ莉音と未来でしたが、 生活環境は正反対です。 莉音の母・麻子はシングルマザーで経済的にも苦しい中、 莉音の才能を信じ、 バレリーナとして成功させる為に朝から晩まで働き続け、 全てを捧げていました。 かたや未来は、 裕福な家庭に育つお嬢様です。 莉音は、未来への対抗心をむき出しにする麻子の思いを、 目の当たりにしていました。 琴葉は莉音の夢札を引き、 志岐(GACKT)が開発した新型の“獏”で、 莉音の夢を見る事になります。 莉音の夢は近々行われるバレエの発表会の事で、 莉音が本番で振付を忘れて舞台上で立ち尽くし、 麻子が泣き崩れるという内容でした。 莉音が母親による、 強いプレッシャーを受けているらしいとうかがえました。 莉音が麻子から精神的に虐待を受けていると考えた琴葉は、 彩未に相談をします。 琴葉から莉音の話を聞いた彩未は、 結衣子(木村真那月)からも莉音の悪夢を見たと聞かされます。 夢の内容は、 莉音と未来のバレエ発表会です。 「白鳥の湖」を踊る少女の顔が莉音から未来に変わり、 また戻ります。 そして、悪魔になった麻子が踊る少女を鎌で切り裂き、 白鳥の未来と黒鳥の莉音に分かれた後、 白鳥が河童に襲われるという夢でした。 莉音と未来のバレエ発表会当日。 莉音がソロで踊っていると突然、 ホールのチャイムが鳴り響きます。 動揺した莉音はペースを乱し、 踊れなくなってしまいます。 結衣子の悪夢が現実になりつつあります。 しかし、彩未には、 結衣子の悪夢が何を暗示しているのかが分かりません。 一方、莉音は、 未来への嫉妬を募らせるのでした。 母親の期待を裏切ったと思い込んで追い詰められた莉音が、 恐ろしい事件の引き金を引いてしまうのか!? 彩未は、何か大変な事が起こりそうな予感を覚えながらも、 莉音と未来をめぐる結衣子の悪夢を読み解けずに・・・ (YAHOOテレビGUIDEより) 概要 恩田陸の小説「夢違」を原案に、 絶望的な運命を自らの力で希望ある未来に変えようと奮闘する人々の姿を描く、 SF学園サスペンスです。 北川景子演じる、 腹黒くて人を信じない小学校教師の主人公が、 予知夢で未来が見えてしまう少女との出会いをきっかけに、 悪夢の様な世間の危機を救っていきます。 北川は、「私にとっては新境地の役なので、とても楽しみです。 このドラマを通して“未来は自分の力で変えられる” というポジティブなメッセージを伝えたい」と意気込みます。 コミカルで摩訶不思議なストーリー展開と、 毎回登場する予知夢のVFX映像にも注目です。 (YAHOOテレビGUIDEより)
              | バスマサ | 21:30 | - | trackbacks(0) | - | - |
              悪夢ちゃん GACKT 5話
              0
                悪夢ちゃん GACKTは、 志岐貴役です。 認知神経学の准教授です。
                助手として万之介に仕えています。 研究成果を公表したがらない万之介の態度に業を煮やし、 焦っています。 彩未が“明晰夢”の中で出会う、 理想の造形美をもった夢王子にソックリです。 内容 11月10日放送分(第5話) 志岐(GACKT)から、 彩未(北川景子)をサイコパス(異常性格者)と中傷するブログを書いているのが、 驚くべき人物だったと知らされ混乱する彩未。 結衣子(木村真那月)がまた悪夢を見たのですが、 彩未には結衣子の夢について考える余裕がありませんでした。 結衣子の夢に出てきたのは、 5年2組の翔(千葉裕太)。 サッカーが得意な翔が、 薄暗い森でリフティングをしていると、 大きな穴が現れて、 翔の弟・隆(鈴木福)が翔を突き落とし、 穴に落ちた翔をゾンビが襲うという内容でした。 彩未の力を借りられない結衣子は、 翔に「暗い所に気を付けて」 「穴が有っても絶対に落ちないで」と、 言う事しかできませんでした。 隆は目の病気で、 手術しなければ失明の可能性がありました。 しかし、経済的に苦しい両親は、 多額の費用がかかる隆の手術に踏み切れません。 両親が自分の手術の事で、 言い争う姿を見ていた隆。 隆は翔に 「僕は大金を隠しているから、それを捜しに行こう」と言い出します。 1年前、隆は車のトランクに閉じ込められて、 その車に別荘地まで運ばれてしまった事がありました。 隆は無事に見つかったのですが、 それ以来、 隆は暗闇を怖がるようになりました。 隆は別荘地に運ばれた時に森の中で大金を見つけ、 隠してきたのだといいます。 実は、隆をトランクに閉じ込めたのは翔でした。 その事を誰にも言えない翔は、 隆への罪の意識をずっと抱えていました。 一方、隆も、 自分を閉じ込めたのは翔だという事をなぜか黙っていました。 翔は隆の誘いを断りきれず、 隆が隠した金を捜しに別荘地近くの森へ行く事にしました。 翔と隆は金を隠した場所を見つけますが、 その近くには大きな穴が有りました。 学校では、 翔と隆が居なくなったと大騒ぎになります。 彩未は、二人の行方を捜す為に、 夢の力を使おうと思い付きます。 幼さゆえに犯してしまった過ちに苦しむ兄と、 兄によって心の傷を抱える弟。 兄弟が1年前の暗い思い出に向き合った時、 結衣子の悪夢が現実になってしまうのか!?  そして、彩未を中傷するブログを書いていた驚くべき人物とは!? (YAHOOテレビGUIDEより) 概要 恩田陸の小説「夢違」を原案に、 絶望的な運命を自らの力で希望ある未来に変えようと奮闘する人々の姿を描く、 SF学園サスペンスです。 北川景子演じる、 腹黒くて人を信じない小学校教師の主人公が、 予知夢で未来が見えてしまう少女との出会いをきっかけに、 悪夢の様な世間の危機を救っていきます。 北川は、「私にとっては新境地の役なので、とても楽しみです。 このドラマを通して“未来は自分の力で変えられる” というポジティブなメッセージを伝えたい」と意気込みます。 コミカルで摩訶不思議なストーリー展開と、 毎回登場する予知夢のVFX映像にも注目です。 (YAHOOテレビGUIDEより)
                | バスマサ | 06:20 | - | trackbacks(0) | - | - |
                悪夢ちゃん GACKT 4話
                0
                  悪夢ちゃん GACKTは、 志岐貴役です。 認知神経学の准教授です。
                  助手として万之介に仕えています。 研究成果を公表したがらない万之介の態度に業を煮やし、 焦っています。 彩未が“明晰夢”の中で出会う、 理想の造形美をもった夢王子にソックリです。 内容 11月3日放送分(第4話) 無理に笑わなくなり、 良い先生でいる事をやめた彩未(北川景子)。 5年2組の生徒達の前で、 彩未の裏の顔を暴露するブログの内容についても、 本当だと認めてしまいました。 豹変した彩未に、 周りの教師達は驚きます。 彩未の豹変は、 5年2組の生徒達にも波紋を呼んでいました。 中でも綾乃(白本彩奈)はクラスの女子数人に、 彩未がブログの内容通りの人間なのか実際に見て確かめようと提案します。 そんなクラスメイト達の様子を見ていた結衣子(木村真那月)。 その後、結衣子は、 また悪夢を見ます。 その夢は、 口から真っ赤なジャムを吐き出した綾乃が、 結衣子に「キスをしよう」と迫り、 夢王子と名乗る男に助けられるという内容でした。 悪夢とも言い切れない奇妙な夢が何を暗示しているのか、 結衣子には分かりません。 翌日、綾乃をはじめ5年2組の女子数人と結衣子は、 彩未の家へ向かいます。 彼女達を迎えたのは、 志岐(GACKT)でした。 志岐は自分を彩未の召使いだと言い、 綾乃達を部屋に迎え入れます。 夢の研究について語る志岐の妖しい魅力に、 綾乃達は惹きつけられていきます。 しかし、結衣子だけは不穏な予感を覚えて戸惑うのでした。 数日後、学校で麦山(岡田圭右)が、 様子のおかしい綾乃を見つけます。 綾乃は、鏡に映る自分の顔を見つめて、 唇から血が出るほど噛みしめていました。 事情を聞かれた綾乃は、 一人で彩未の家を訪ねて、 志岐に夢占いをしてもらっているうちにキスをされたと訴えます。 それを知った綾乃の母が臨時の保護者会の開催を求め、 騒ぎは拡大します。 彩未は職員室で、 志岐との関係を問いただされた上に責任を問われます。 さらに、5年2組の生徒達は彩未に不信感を抱き、 授業をボイコットすると言い出します。 性格がサイコパスの上に、 ロリコン男が恋人ではないかという噂に振り回される彩未。 さらには、 教師としての立場も危うくなってしまう。 そして、志岐と綾乃の関係に隠された真実とは!? (YAHOOテレビGUIDEより) 概要 恩田陸の小説「夢違」を原案に、 絶望的な運命を自らの力で希望ある未来に変えようと奮闘する人々の姿を描く、 SF学園サスペンスです。 北川景子演じる、 腹黒くて人を信じない小学校教師の主人公が、 予知夢で未来が見えてしまう少女との出会いをきっかけに、 悪夢の様な世間の危機を救っていきます。 北川は、「私にとっては新境地の役なので、とても楽しみです。 このドラマを通して“未来は自分の力で変えられる” というポジティブなメッセージを伝えたい」と意気込みます。 コミカルで摩訶不思議なストーリー展開と、 毎回登場する予知夢のVFX映像にも注目です。 (YAHOOテレビGUIDEより)
                  | バスマサ | 07:30 | - | trackbacks(0) | - | - |
                  悪夢ちゃん GACKT 3話
                  0
                    悪夢ちゃん GACKTは、 志岐貴役です。 認知神経学の准教授です。
                    助手として万之介に仕えています。 研究成果を公表したがらない万之介の態度に業を煮やし、 焦っています。 彩未が“明晰夢”の中で出会う、 理想の造形美をもった夢王子にソックリです。 内容 10月27日放送分(第3話) 結衣子(木村真那月)が、 また悪夢を見ました。 今度の夢は、 他のクラスの女子が鉄棒から落ちて、 頭を打って死んでしまうという内容です。 結衣子は彩未(北川景子)に訴えますが、 いつもと同じで取り合ってもらえません。 彩未は、自分の事で精一杯でした。 彩未を中傷する謎のブログが更新され、 噂が職員室にも広まっていたのでした。 ブログには“結婚する気も無いくせに男と付き合い始めた”と書かれていて、 ブログの主は彩未の家に夢王子そっくりな志岐(GACKT)が、 出入りする様になった事まで知っているようでした。 一方、5年2組では、 絵の下手なマンガが描かれたノートが見つかります。 誰が描いたか分からない 「トーメーコウソク」という奇妙なタイトルのマンガを読んだ生徒達は、 気味悪がってノートを彩未に落し物として届けます。 「トーメーコウソク」を読んだ彩未は、 ビックリします! そのマンガの内容は、 結衣子の悪夢とほとんど同じでした。 主人公の少年は、 好きな女の子のハンドクリームを体に塗ると、 体が溶けて透明人間になってしまいます。 透明人間は勝手に“トーメー校則”という校則を作り、 それに違反したいじめっ子の女子生徒を処刑し、 処刑された女子は鉄棒から落ちて頭を打ってしまうというストーリーです。 彩未は結衣子にマンガを描いたのかと問い詰めますが、 結衣子には身に覚えがありません。 そんな折、 学校で女子生徒が鉄棒から落ちるという事件が起こりました。 5年2組の生徒達は「トーメーコウソク」のノートを、 透明人間が書いた予言書だと言って騒ぎ始めます。 まもなく、 新しい「トーメーコウソク」が描かれたノートが再び見つかります。 すると、 そのストーリーをなぞった事件が次々と起こります。 さらに、結衣子がまた悪夢を見てしまい…。 「トーメーコウソク」の作者は誰なのか? 学校の騒動が大きくなり、 隠しておきたい自分の秘密が謎のブログで周囲に広がっていく中、 彩未は一体どうするのか!? (YAHOOテレビGUIDEより) 概要 恩田陸の小説「夢違」を原案に、 絶望的な運命を自らの力で希望ある未来に変えようと奮闘する人々の姿を描く、 SF学園サスペンスです。 北川景子演じる、 腹黒くて人を信じない小学校教師の主人公が、 予知夢で未来が見えてしまう少女との出会いをきっかけに、 悪夢の様な世間の危機を救っていきます。 北川は、「私にとっては新境地の役なので、とても楽しみです。 このドラマを通して“未来は自分の力で変えられる” というポジティブなメッセージを伝えたい」と意気込みます。 コミカルで摩訶不思議なストーリー展開と、 毎回登場する予知夢のVFX映像にも注目です。 (YAHOOテレビGUIDEより)
                    | バスマサ | 07:10 | - | trackbacks(0) | - | - |
                    悪夢ちゃん GACKT 2話
                    0
                      悪夢ちゃん GACKTは、 志岐貴役です。 認知神経学の准教授です。
                      助手として万之介に仕えています。 研究成果を公表したがらない万之介の態度に業を煮やし、 焦っています。 彩未が“明晰夢”の中で出会う、 理想の造形美をもった夢王子にソックリです。 内容 10月20日放送分(第2話) 彩未(北川景子)の夢を覗き見た志岐(GACKT)は、 彩未が自分とそっくりな“夢王子”を夢に見ている事を知ります。 彩未は、勝手に自分の夢を見られた事に激怒します。 しかし、志岐は意外な行動をとるようになります。 彩未は万之介(小日向文世)から、 結衣子(木村真那月)がまた悪夢を見たので、 夢が現実にならない様に気を付けてほしいと言われます。 万之介の頼みにうんざりする彩未。 彩未は、夢を映像化する機械“獏”で、 結衣子の夢を見せられます。 結衣子の夢に出てきたのは、 同じクラスの冬馬(原田一輝)でした。 夢は、冬馬が泉から鴨を捕まえ、 巨大な蛇がその鴨を飲み込み、 その蛇の体を冬馬が剣で切り裂くという内容です。 万之介は、近い将来に冬馬が父親を殺すという予知夢だと断言します。 面倒に巻き込まれたくない彩未は、 万之介の言う事を信じようとしません。 そんな彩未に万之介は、 悪夢が現実になってもいいなら放っておけばいい、 と脅しのように言うのでした。 まもなく学校に、 冬馬の両親が離婚したという連絡が入ります。 冬馬の父・文市は酒浸りのろくでもない男で、 結婚と離婚を繰り返していました。 冬馬の夢を見て以来、 冬馬と目を合わせるたびに目を回してしまう結衣子。 そんな中、 彩未のクラスで盗難事件が起こりました。 綾乃(南乃彩希)が持っていた財布をクラスの誰かが盗み、 結衣子に疑いがかけられます。 彩未はこの事件を機に、 結衣子の悪夢が現実になりつつある事を実感します。 結局、財布を盗んだのは、 冬馬でした。 結衣子の夢は、 冬馬の家庭環境を暗示していた事が分かり…。 結衣子の悪夢の通り、 冬馬は恐ろしい事件を起こしてしまうのでしょうか? (YAHOOテレビGUIDEより) 概要 恩田陸の小説「夢違」を原案に、 絶望的な運命を自らの力で希望ある未来に変えようと奮闘する人々の姿を描く、 SF学園サスペンスです。 北川景子演じる、 腹黒くて人を信じない小学校教師の主人公が、 予知夢で未来が見えてしまう少女との出会いをきっかけに、 悪夢の様な世間の危機を救っていきます。 北川は、「私にとっては新境地の役なので、とても楽しみです。 このドラマを通して“未来は自分の力で変えられる” というポジティブなメッセージを伝えたい」と意気込みます。 コミカルで摩訶不思議なストーリー展開と、 毎回登場する予知夢のVFX映像にも注目です。 (YAHOOテレビGUIDEより)
                      | バスマサ | 06:00 | - | trackbacks(0) | - | - |

                      PR

                      Calendar

                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Archives

                      Category

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode
                      借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析