Page: 1/1   
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    ブルドクター 視聴率 6話 入江甚儀
    0
       今晩放送「ブルドクター」の、
      6話目の視聴率はどうなるでしょうか。
      1・2・3・4・5話目の視聴率は、
      13.9%→10.8%→13.9%→13.8%
      →13.7%と平均視聴率は13.2%で、かなり好調です。

      「ブルドクター」の6話目のあらすじはこちら。

      (見どころ)
      珠実(江角マキコ)宛に脅迫めいた内容の手紙が届く。
      珠実が解剖した遺体の死体検案書に対して
      不満を抱いた遺族からのクレームと思われた。
      その後、
      珠実に手紙の差出人と名乗る男から電話がかかってくる。
      その男の父親は3年前にビルから転落して死亡し、
      珠実が解剖して自殺と判断したが、
      男は父が何者かに殺されたのだと信じていた。
      珠実に恨みを抱く男は、
      康介(青木綾平)を誘拐したと珠実に告げる。
      彼の正体は、
      3年前に珠実が解剖した柳田利夫という男性の息子・晃彦(入江甚儀)だった。
      珠実は晃彦に脅されて一人で康介の行方を追うが、
      行き詰まってしまう。
      どうしていいか分からなくなった珠実は、
      知佳(石原さとみ)に康介が誘拐されたことを打ち明ける。
      知佳から、
      柳田の死は自殺で間違いなかったのかと問われた珠実は、
      意外な言葉を口にする…。

      (内容)
      珠実(江角マキコ)は、
      康介(青木綾平)から「仕事を辞めてほしい」と言われる。
      康介は、珠実が仕事で危険な目に遭って
      母が死んでしまうのではないかと心配していた。
      そんな中、
      珠実宛てに脅迫めいた内容の手紙が届く。
      珠実が解剖した遺体の死体検案書に書いた内容に対して
      不満を抱いた遺族からのクレームだと思われた。
      珠実は名倉(稲垣吾郎)から、
      身辺に気をつけた方がいいと忠告されるものの、
      気にも留めなかった。
      しかしその後、
      手紙の差出人を名乗る男から珠実に連絡が入る。
      その男は父を亡くして遺体が司法解剖されたが、
      その死体検案書に珠実が自殺と書いたことを恨んでいた。
      そして、
      自分の父の死は自殺ではなく殺されたのだという。
      さらには康介を誘拐したと言い出し、
      警察に知らせないようにと脅す。
      激しく動揺する珠実に対して男は、
      自分の指示した場所へ行けと命じる。
      珠実は男からの指示に従って移動し、
      さんざん振り回されたあげくに、
      男と康介に会うことができないままに男からの連絡が途絶える。
      珠実が最後にたどり着いた場所は、
      小さな町工場だった。
      高広(市川亀治郎)が海外出張中で不在の上に男からの脅迫もあり、
      珠実は誰にも連絡できず、
      たった一人で男と康介の行方を追うことに。
      手掛かりをつかむために過去の解剖記録を調べると、
      3年前に解剖して自殺と判断した柳田利夫という男性が
      町工場の経営者だったことが分かる。
      柳田は、ビルから転落して亡くなっていた。
      康介を誘拐した男は柳田利夫の息子・晃彦(入江甚儀)と分かる。
      珠実が晃彦の指示でたどり着いた町工場は、
      かつて柳田が経営していたのだった。
      その町工場は、
      柳田の下で働いていた川島という男が引き継いでいた。
      晃彦から再び連絡が入った。
      晃彦は川島が父を殺したと主張し、
      死体検案書を書き直して川島を捕まえてほしいという。
      珠実は、
      医師が解剖のみで自殺と判断することはないと説明するが、
      晃彦は納得しない。
      逆上した晃彦は、
      電話を切ってしまう。
      どうしていいか分からなくなった珠実は知佳(石原さとみ)に、
      康介が誘拐されたことを打ち明ける。
      知佳から、
      柳田の死は自殺で間違いなかったのかと問われた珠実は、
      意外な言葉を口にする。
      (YAHOOテレビGUIDEより)

      | バスマサ | 10:39 | - | trackbacks(0) | - | - |
      ブルドクター 視聴率 5話 さくら
      0
         今晩放送「ブルドクター」の、
        5話目の視聴率はどうなるでしょうか。
        1・2・3・4話目の視聴率は、
        13.9%→10.8%→13.9%→13.8%と
        平均視聴率は、13.1%ですね。

        「ブルドクター」の5話目のあらすじはこちら。

        珠実が解剖した男性が新型感染症に感染していた疑いがあると判明。
        致死率30%というウイルスに知佳が感染?!

        (見どころ)
        成海(ブラザートム)、
        藤村(大野拓朗)、
        八代(マギー)が男性の変死体を発見した。
        連絡を受けた珠実(江角マキコ)と
        知佳(石原さとみ)が現場に駆け付ける。
        遺体の司法解剖が決まり、
        珠実が担当することに。
        解剖には珠実の他、
        知佳、名倉(稲垣吾郎)、成海らが立ち会う。
        解剖の結果、
        亡くなった男性は、
        まだ日本で確認されていない新型感染症に感染していた疑いがあると判明し、
        珠実たちにも感染した可能性が。
        その感染症の致死率は30%だという。
        ウイルスを拡散させないように、
        珠実たちは隔離される。
        そんな中、知佳が体調不良を訴える。
        その症状は、
        新型感染症の初期症状とよく似ていて…。

        (内容)
        珠実(江角マキコ)は仕事に夢中になり、
        康介(青木綾平)と自由研究を一緒に考えるという約束を後回しにしていた。
        やっと仕事が終わって康介と話そうとしていたところに
        男性の変死体が発見されたという連絡が入り、
        珠実は家を飛び出して現場へ向かう。
        遺体を発見したのは、
        合コン帰りの成海(ブラザートム)、
        藤村(大野拓朗)、
        八代(マギー)だった。
        司法解剖が決まり、珠実が担当する。
        解剖には珠実の他、
        知佳(石原さとみ)、
        名倉(稲垣吾郎)、
        成海らが立ち会う。
        解剖の結果、
        亡くなった男性には気管支炎と肺炎の疑いがあると判明。
        男性は死の直前に、
        ある新型感染症が流行中の国に滞在していて、
        その感染症にかかっている可能性が考えられた。
        その感染症は致死率30%で、
        まだ日本で存在が確認されていないものだった。
        解剖で遺体の気管と肺を切開したため、
        珠実たちにも感染する可能性が出てきた。
        珠実たちの状況を知った武田(小日向文世)は、
        遺体が感染しているかどうかを調べるためのサンプルを
        遺体から採取するように指示。
        ウイルスを拡散させないように解剖室のあるフロアは閉鎖され、
        遺体が感染していないと証明されるまで珠実たちは隔離される。
        帰れなくなった珠実は自宅に電話をする。
        康介は、珠実がまた約束を破ったと思い込み
        「僕のことなんてどうでもいいんだ」と言う。
        そんな康介の言葉を聞き、
        珠実は心を痛めるのだった。
        名倉が動けなくなったため、
        彼が担当する予定だった解剖を武田が行うことに。
        解剖が終了して縫合しようとしたときに武田の手が震え出し、
        誤って横にいた藤村の手に針を刺してしまう。
        遺体にはなんらかの感染症の可能性があり、
        藤村は自分も感染したのではないかと不安になる。
        珠実たちは、
        解剖室のフロアで一夜を明かす。
        武田から感染症の致死率を下げる可能性のあるワクチン接種を提案され、
        珠実たちはワクチンを打つ。
        そんな中、知佳が体調不良を訴える。
        その症状は、
        新型感染症の初期症状とよく似ていた。
        知佳の体調はどんどん悪化して…。
        (YAHOOテレビGUIDEより)
        こちらは、松岡あやめ役(さくら)の写真集です。
        | バスマサ | 17:46 | - | trackbacks(0) | - | - |
        ブルドクター 視聴率 4話 ゆき
        0
           今晩放送「ブルドクター」の、
          4話目の視聴率はどうなるでしょうか。
          1・2・3話目の視聴率は、
          13.9%→10.8%→13.9%と
          ちょっとがんばっています。

          「ブルドクター」の4話目のあらすじはこちら。

          (見どころ)
          珠実(江角マキコ)は、
          康介(青木綾平)が
          知佳(石原さとみ)を友達として家に連れて帰ってきたことに驚く。
          大達家で食事をした知佳は、
          珠実が幸せな家庭を築いている様子を見てうらやましくなる。
          翌日、神社に行って良縁祈願をした知佳は、
          その神社近くで若い女性が倒れているのを見かけ、
          救急車を呼び上都大学病院へ。
          その女性・紺野瑠璃(ゆき)はドナーカードを持っていて、
          心臓を親族優先で提供するという意志表示をしていた。
          彼女には心臓移植を待つ入院中の母親・佐江子がいた。
          瑠璃はクモ膜下出血で脳死状態に。
          クモ膜下出血の原因は病気か外傷か不明だった。
          事件性がなければ脳死判定の後に心臓移植が行われるが、
          事件性がある場合は司法解剖となり、
          移植手術は行われない。
          現場検証の結果、
          知佳は事件性なしと判断するが、
          佐江子は「娘の心臓はもらえない」と移植を拒否し…。
          (内容)
          康介(青木綾平)が、
          知佳(石原さとみ)を友達だと家に連れて帰ってきて、
          珠実(江角マキコ)は驚く。
          知佳は、珠実の家で康介と遊ぶことに。
          珠実、高広(市川亀治郎)、康介の幸せそうな様子を目の当たりにした知佳は、
          うらやましくなる。
          翌日、知佳は神社に行き“良縁達成”と書いた絵馬をかける。
          その神社近くで倒れている若い女性を見かけ、
          救急車を呼んで上都大学病院へ。
          紺野瑠璃(ゆき)というその女性はクモ膜下出血で、
          脳死状態に陥る。
          瑠璃はドナーカードを持っていて、
          心臓を親族優選で提供するという意思表示をしていた。
          彼女には心臓移植を待つ入院中の母親・佐江子がいた。
          瑠璃のクモ膜下出血の原因は、
          病気なのか外傷なのかが不明だった。
          事件性がなければ脳死判定後に心臓移植が行われるが、
          事件性があれば心臓死の状態を待って司法解剖となる。
          移植手術より司法解剖が優先されるため、
          事件性がある場合は佐江子への移植手術は行われないことになる。
          現場検証をした知佳は事件性がないと判断する。
          しかし、瑠璃がドナーカードを持っていたことを知らなかった佐江子は、
          動いている瑠璃の心臓をもらうわけにはいかないと言い、
          誰の心臓であっても移植手術はしないと拒否する。
          美亜(志田未来)は、
          移植を拒否する佐江子のことが気になっていた。
          瑠璃の心臓はいつ止まってもおかしくない状態だと知らされた美亜は、
          瑠璃の病室にいる佐江子に会いに行く。
          そして、自分が小さい頃から病気で
          母親からの腎臓移植によって元気になったことを佐江子に話し、
          自分が母親と立場が逆でも母親に腎臓をあげるだろう、
          と瑠璃の思いを代弁するのだった。
          そこに珠実もやってきて、
          瑠璃が神社で“お母さんがいつまでも元気でいてくれますように”と
          書いた絵馬をかけていたことを佐江子に告げる。
          娘の思いを感じた佐江子は、
          移植手術を承諾するのだった。
          一方、知佳は、
          捜査中のある強盗事件で、
          口紅だけが盗られたという被害者からの証言を得る。
          不審に思った知佳が瑠璃の遺したカバンを再度調べたところ、
          やはり口紅だけがなくなっていた。
          瑠璃が強盗に襲われた被害者だった可能性が出てきて…。

          (番組内容)
          20歳の女性がクモ膜下出血で緊急搬送された。
          脳死状態に陥った女性は臓器提供の意思カードを所持しており、
          心臓を母親にという意向も記されていた。
          その後、
          脳死判定を受け臓器移植をすることに。
          同じ頃、バイクに乗った男が
          すれ違う女性にラリアットを食らわせ気絶させるという危険な事件が連続発生。
          実は、臓器移植を予定している女性も、
          この事件の被害者かもしれないという。
          (ヤフーテレビガイドより)

          心臓移植の娘瑠璃役のゆきちゃん、
          かわいいですよね。
          このドラマにも出演してます。

          | バスマサ | 09:06 | - | trackbacks(0) | - | - |
          ブルドクター 視聴率 3話 石原さとみ
          0
             今晩放送「ブルドクター」の、
            3話目の視聴率はどうなるでしょうか。
            1・2話目の視聴率は、
            13.9%→10.8%とちょっと足踏み状態?

            知佳(石原さとみ)は中学時代のクラス会に出席し、卒業して以来初めて同級生たちに会うことになった。
            当時仲良しだった友達の千秋が来ていなくてガッカリする知佳だったが、
            付き合っていた正樹(渡部豪太)と再会する。
            正樹は、結婚を考えている恋人がいると語る。そんな中、若い女性の変死体が公園で発見される。
            所持品がなく身元が確認できないため事件性が高いと見られるこの遺体は司法解剖に回され、
            珠実(江角マキコ)が担当する。解剖の結果、死の直前に整形手術を行っていたことと、
            死因が溺死だということが分かる。
            しかし、亡くなった現場は公園で溺死する原因は見当たらず移動された形跡もなく、
            「公園で溺死!?」と謎は深まるばかり。
            珠実は、手掛かりをつかむために遺体発見現場へ向かおうとする。
            そのとき、遺体の写真を見たあやめ(さくら)が、遺体のネイルアートを見て
            彼女が行っていたネイルサロンが分かるはずだと言い出す。
            知佳はネイルサロンを割り出し、そこへ向かった。
            すると、亡くなった女性が里中知佳と名乗っていたことが分かる。
            続いて、整形手術をした病院が判明。病院で里中知佳の整形前の写真を見た知佳は、ある疑いを抱く。
            里中知佳を担当した医師は、彼女が自分の容姿に抱いていたことと、
            整形したきっかけとなった出来事を話してくれたと語る。
            その内容を知った知佳は、自分が抱いた疑いが事実だと確信する。
            (ヤフーテレビガイドより)

            「ブルドクター」の3話目のあらすじはこちら。

            知佳(石原さとみ)は、中学時代のクラス会に出席することに。
            当時仲良しだった千秋が来ていなくてガッカリするが、付き合っていた正樹(渡部豪太)と再会。
            彼は、結婚を考えている恋人がいると語る。そんな中、若い女性の変死体が公園で発見される。
            所持品がなく身元が確認できないこの遺体は、司法解剖へ。
            珠実(江角マキコ)が解剖した結果、亡くなった女性は死の直前に整形手術を行っていたことと、
            死因が溺死だということが判明する。
            しかし、彼女が死亡した現場で溺死する原因は見当たらず、「公園で溺死!?」と謎は深まるばかり。
            その後、彼女の名前が“里中知佳”であると分かる。しかし、その名前も偽名だった。
            “里中知佳”が整形手術を行った病院で彼女の整形前の写真を見た知佳は、ある疑念を抱く。
            (公式HPより)

            | バスマサ | 07:33 | - | trackbacks(0) | - | - |

            PR

            Calendar

                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << September 2017 >>

            Profile

            Search

            Entry

            Archives

            Category

            Feed

            Others

            無料ブログ作成サービス JUGEM

            Mobile

            qrcode
            借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析