Page: 1/1   
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    陽はまた昇る 視聴率 4話
    0
      今晩放送「陽はまた昇る」の、 3話目の視聴率はどうなるでしょうか。 1・2・3話目の視聴率は、 13.5%→9.5%→10.7%とちょっと不調ですね。 平均視聴率は、11.4%です。 「陽はまた昇る」の4話目のあらすじはこちら。 遠野(佐藤浩市)の妻・奈津美(斉藤由貴)に迫る捜査の手。 一方、学校内で起こったある事件の濡れ衣を着せられた英二(三浦春馬)は 自ら無実を証明しようとするが・・・? 遠野教場(=クラス)の訓練生たちが使用している談話室で、 アイドルの写真集が見つかった。 「このような不謹慎極まりないものを隠し持っていたとは許しがたい事実」と、 息巻く初任教養部長・簑島佐和子(真矢みき)。
      そこまで騒ぎ立てるほどのことでない、 と遠野一行(佐藤浩市)は思いながらも教室へ。 写真集を掲げながら、 咄嗟に浮かべた訓練生たちの表情をチェックし、 持ち主を一瞬にして見抜く。 その洞察力に舌を巻く訓練生たち。 やり取りの中で、 遠野は犯罪を認定するためには物的証拠が不可欠だと説き、 訓練生たちに鑑識の重要性を再認識させた上で、 鑑識の初歩を身につけさせるため指紋採取の実技を行うことに。 グラスを用意し、 訓練生のひとり・関根尚光(南圭介)に指紋を付けさせようとする遠野。 ところが突然、 尚光が腹痛を訴えて教室を飛び出した! 心配になった宮田英二(三浦春馬)が慌てて追いかけると、 尚光はひた隠しにしてきた過去について語り出し・・・。 一方、犯罪者・安西雄哉(ARATA)と 逃避行中の遠野の妻・奈津美(斉藤由貴)は体調を崩し、 入院していた。 その病院に忍び寄る刑事たちの影・・・。 時を同じくして、 警視庁捜査一課長・杉崎孝夫(六角精児)は 警視庁警察学校に電話をかけてきた。 応対した佐和子に遠野の所在を確かめるやいなや、 どういうわけか「電話があったことを知らせなくていい」と言い残し、 即座に受話器を置く杉崎。 その一件を聞いた遠野に不穏な予感が押し寄せ・・・。 その矢先、 警視庁警察学校でまたしても騒動が勃発する。 遠野教場のジャージを着た男子学生が非常階段を使い、 女子寮に忍び込もうとしたのだ! 警視庁警察学校において、 男女交際は固く禁じられている。 ましてや女子寮に侵入しようなど言語道断。 遠野教場の助教・白石大地(波岡一喜)は犯人を特定しようとするが、 唯一の手掛かりは犯人が逃げる途中に落としたタオルのみ・・・。 そんななか、 訓練生から容疑者として英二と尚光の名が挙がる! しかし、英二は女子寮に行ったことは認めながらも、 非常階段には上っていないと主張。 自らの冤罪を晴らすため、 唯一の物証であるタオルの指紋を調べさせてほしいと申し出る。 遠野は首を縦に振った。 「ただし、やるからには絶対に途中で投げ出すな。最後まで徹底してやれ」 基礎もできていない訓練生に鑑識の真似ごとをさせるなんて無茶だ・・・ ――"警察学校の教官"にあるまじき遠野の言動に、 とうとう白石までもが意義を唱える。 一方で英二と尚光は必死にタオルを調べ始めるが・・・!? (公式HPより)
      | バスマサ | 08:19 | - | trackbacks(0) | - | - |
      陽はまた昇る 視聴率 3話 あらすじ ARATA
      0
         今晩放送「陽はまた昇る」の、
        3話目の視聴率はどうなるでしょうか。
        1・2話目の視聴率は、
        13.5%→9.5%とかなり不調ですね。

        「陽はまた昇る」の3話目のあらすじはこちら。

        静岡で30代の男が巡回中の警察官から拳銃を奪い、
        逃走するという事件が発生した。
        朝一番にそのニュースを耳にした
        警視庁警察学校の教官・遠野一行(佐藤浩市)は、
        動揺のあまり動きを止めた。
        妻・奈津美(斉藤由貴)、
        そして彼女と逃避行している犯罪者・安西雄哉(ARATA)は両者とも静岡出身。
        まさか、30代の男とは安西では…?
        遠野は胸のざわつきを抑え切れずにいた。

        その日は奇しくも、
        遠野教場(=クラス)の拳銃貸与式だった。
        「君たちは今日から、人を傷つける武器を持つ。そのことから目を逸らすな」
        鬼教官・遠野の厳しい言葉とともに、
        拳銃を受け取った訓練生たちは緊張感を抱きながら、
        初の射撃訓練へと挑む。
        そんななか、
        冷静に銃を放つ、
        大学時代に射撃部だった湯原周太(池松壮亮)。
        予想を遥かに超える発砲の衝撃と反動に、
        思わず体をすくませながらも、
        何とか訓練を続行する宮田英二(三浦春馬)たち。
        ところが、訓練生のひとり・上野哲也(北村友彦)だけは恐怖のあまり、
        拳銃を構えることさえできなかった…。
        その情けない現状を知った初任教養部長・簑島佐和子(真矢みき)は、
        遠野に「次回も同じ結果なら、辞職を勧めなさい」と言い放つ。
        遠野ですら早すぎると感じる佐和子の結論。
        しかし、その結論は佐和子が密かに抱える"ある過去"が導き出したものだった…。

        そのころ、
        英二は周太に拳銃の扱い方のコツを教えてほしい、
        と頭を下げていた。
        ところが、周太はむげもなく断る。
        その態度に、英二は苛立ちを抑えることができず…。

        そんななか、遠野教場の射撃訓練の後に、
        銃弾の薬きょうがひとつ消えたことが発覚!
        拳銃と銃弾、
        薬きょうを許可なく持ち出すことは固く禁じられている。
        見つからなければ、
        大問題になることは必至だ。
        遠野は教場の訓練生たちに薬きょうを探させるが、
        一向に見つかる気配はない。
        しかし、薬きょうがなくなった以上、
        誰かが持ち帰ったとしか考えられない。
        犯人はこの中にいる――。

        「いい機会だ。訓練の一環として、お互いを捜査しなさい。」

        訓練生たちは言葉を失う。
        またもや有り得ない遠野の授業が始まった。
        すると、普段は冷静な湯原周太が突然…!?
        (公式HPより)
        こちらは、ARATAが出演していたドラマです。

        | バスマサ | 08:14 | - | trackbacks(0) | - | - |
        陽はまた昇る 視聴率 1話 あらすじ
        0
          今晩放送「陽はまた昇る」の、
          1話目の視聴率はどうなるでしょうか。

          「陽はまた昇る」の1話目のあらすじはこちら。

          入校式を1週間後に控えた警視庁警察学校。
          訓練の見学のため新入生たちが集まる中、
          この場所に"もうひとりの新人"が姿を現した。
          警視庁捜査一課所属の刑事から一転、
          警察学校の教官として新たなスタートを切ることになった
          48歳の遠野一行(佐藤浩市)だ。
          遠野は刑事時代、
          何人もの凶悪犯を相手に、
          時にはルール無用とも思える手段を駆使し、
          執念の捜査で犯人を挙げてきた男。
          自分はもっとも教官にふさわしくない人間なのに、なぜ…。
          遠野は自分に白羽の矢が立った理由が分からないまま、
          着任初日を迎えていた。

          そんな遠野の前に、
          尊大な態度をとる初任教養部長・簑島佐和子(真矢みき)が現れる。
          生徒の質が格段に落ち、
          現場ではまったく使い物にならない
          と言われるケースが後を絶たない実情を嘆く佐和子。
          彼女は遠野のことを最低の刑事だと言い放ちながらも、
          数多くの手柄を立ててきた彼の功績は認め、切り出す。
          警察の信用を取り戻すために、
          現場で培った目で不適格者を見極め、
          入校式までにクビを切ってほしい、と――。

          その矢先、
          遠野が受け持つ遠野教場(クラス)の生徒となる
          新入生・宮田英二(三浦春馬)と湯原周太(池松壮亮)が口論になり、
          一触即発の状態になった! 
          ところが、遠野は2人の仲裁に入るどころか、
          涼しい顔で「好きなだけやってくれ」と言う。
          「続けなさい。ただし、ケンカをしたものは即刻クビだ」
          不意を突くその言葉に一瞬戸惑いながらも反論できない英二たち。
          思わず、ふざけていただけと誤魔化し、
          その場を取り繕う。ところが…。
          「お前らは嘘つきだ。気にいらないね」
          遠野の声が教室中に響いた。
          「制服を返却して、すぐに寮を引き払って下さい。全員、辞めていただきます」 

          慌てふためき、
          場を収めるために謝る新入生たち。
          そんな彼らをさらに追い詰めるかのように、
          遠野は宣戦布告をする。
          「入校式までの1週間、
          私について来ることが出来た者だけ教場に残ることを認める」

          なぜそこまで厳しくするのか…?
          学生たちは遠野教官の正体不明の怖さと容赦のない指導に、
          反感を募らせていく。

          そんな折、警察学校の近くで凶悪事件が起きた。
          レンタルビデオ店に猟銃を持った男が立てこもったのだ。
          警視庁時代の上司で、
          捜査一課長の杉崎孝夫 (六角精児)から
          犯人説得の応援を頼まれた遠野は、
          ある条件を呑めば引き受けると言う。
          それは、入学したばかりの訓練生を
          事件現場に連れて行くことを許可してほしいという、
          ありえないものだった!
          それに対し、佐和子は大反対するが…。
          (公式HPより)

          | バスマサ | 07:39 | - | trackbacks(0) | - | - |

          PR

          Calendar

                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          30      
          << April 2017 >>

          Profile

          Search

          Entry

          Archives

          Category

          Feed

          Others

          無料ブログ作成サービス JUGEM

          Mobile

          qrcode
          借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析