Page: 1/1   
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    ブルドクター 視聴率
    0
      今晩放送「ブルドクター」の、 7話目の視聴率はどうなるでしょうか。 1・2・3・4・5・6話目の視聴率は、 13.9%→10.8%→13.9%→13.8% →13.7%→12.6%と平均視聴率は13.1%で、かなり好調です。 「ブルドクター」の7話目のあらすじはこちら。 (見どころ) 珠実(江角マキコ)は、 夏休みをとって家族でキャンプへ行くことに。 勤務医の高広(市川亀治郎)は、 36時間の勤務明けで出掛ける予定だった。 高広が勤務を終えて病院を出ようとしたとき、 脳梗塞で意識不明の患者が搬送される。 こちらは、石原さとみ4年ぶりの撮り下ろしフォトブックです。
      患者は、 梶田弘樹という少年。 手の空いている医師がおらず、 高広が緊急オペを行う。 手術は成功したと思われたが、 一週間後に弘樹は突然倒れて亡くなる。 高広にも原因が分からず、 遺族に病理解剖を勧めるものの、 拒否される。 珠実も遺族の説得にあたり、 司法解剖を提案。 しかし、司法解剖をするには警察に届け出る必要があり、 それは高広が被疑者となってしまうことでもあった (内容) 珠実(江角マキコ)は、 一週間の夏休みをとって家族でキャンプへ行くことに。 勤務医である高広(市川亀治郎)は、 36時間の勤務明けで出掛ける予定だった。 高広が勤務を終えて病院を出ようとしたとき、 脳梗塞で意識不明の患者が運び込まれる。 患者は、 梶田弘樹という17歳の少年。 手の空いている医師がいなかったため、 高広が緊急オペを行う。 手術を終えた高広は、 珠実と康介(青木綾平)が待つキャンプ場へ向かい、 家族団らんのひとときを過ごすのだった。 しかし一週間後、 術後のリハビリを始めようとした弘樹が倒れ、 まもなく死亡。 高広にも原因が分からず、 弘樹の両親に病理解剖を勧めるが、 両親に拒否される。 高広から経緯を聞いた珠実は、 遺族の説得に当たる。 弘樹の両親は、 弘樹が亡くなった病院で行われる病理解剖だと、 医療ミスが発覚した場合に 病院側が都合の悪い事実を隠ぺいするのではないかと疑っていた。 それに対して珠実は、 完全に中立の病院で解剖する司法解剖を提案。 司法解剖を行うためには、 弘樹の死因に納得ができないと警察に届け出る必要があった。 さらに司法解剖で医療ミスが明らかになれば、 高広が罪に問われる。 それを覚悟で珠実は司法解剖を勧めていた。 珠実が弘樹の両親に司法解剖を勧めたと知った高広は驚き、 珠実の行動を責める。 珠実と高広の間には、 亀裂が生じてしまう。 その後、弘樹の両親が警察に届け出て、 上都大学病院で弘樹の司法解剖が行われる。 弘樹の死の真相とは!? (YAHOOテレビGUIDEより)
      | バスマサ | 01:00 | - | trackbacks(0) | - | - |

      PR

      Calendar

           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      Profile

      Search

      Entry

      Archives

      Category

      Feed

      Others

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      Mobile

      qrcode
      借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析